日焼け止めスプレーのメリット、デメリット

紫外線対策は肌や髪の美容や状態を保つためには、年間通じて行うことが求められます。そのためには日焼け止めを利用するのが望ましいですが、これには様々なタイプがあります。そのひとつがスプレータイプです。このタイプの日焼け止めのメリットとしては、まずは手を汚さずに利用できると言う点が挙げられます。クリームやジェルタイプのものは塗る際に手を利用するので、どれだけ努力をしても手が汚れてしまいます。ですがスプレーであれば、ボタンを押すだけで自動的に噴射されるのでとても便利です。それから、特に髪の毛に対して日焼け止め効果を得ることができると言うのも、このタイプならではのメリットです。クリームやジェルタイプのものを髪の毛に塗るのは、ヘアセットが崩れてしまう可能性があります。パウダータイプのものは、使用すると髪が白くなってしまうので髪に対して使用するのは適していません。その点、このタイプは噴射するだけで良く、その粒子もとても小さいので髪に使用してもほとんど目立ちません。また手が届かない背中やうなじと言った部分にも使いやすく、全身の日焼けを予防するのに効果的だと言うのもメリットです。ただしこのタイプの日焼け止めにはデメリットもあります。まずはクリームやジェルタイプ以上に水分に弱いと言う点が挙げられます。細かな粒子が肌や髪に付着することで効能を発揮するので、水などに濡れれば簡単に流れ落ちてしまいます。それから顔に直接、利用するのは避けた方が良いと言うのもデメリットです。これは刺激があるため、また眼や口に入る可能性があるためです。
日焼け止めサプリ徹底比較ガイド│最強おすすめランキング!はこちら